岡崎屋惣次郎
sojiro okazakiya
講談人力車
岡崎屋惣次郎
業務案内
イベント (人力車)
結婚式 (人力車)
輪タク・リンタク
駕籠・かご
おさるの人力車
講談人力車
歴史のりもの博物館
最新情報
お知らせ
掲示板
お問い合わせメール
プロフィール
プロフィール・会社概要
雑誌 新聞 取材
テレビ取材
走行術
写真集
惣次郎号 日本一周
ぷらいべーと
中古・人力車販売
お客様ギャラリー
本日のお客様
本日の花嫁
ボランティア活動
戦災樹木を伝える運動
リ   ン   ク
全国個人人力車組合
相互リンク
アドベンチャーリンク
岡崎屋トップページに戻る
 歴史のりもの博物館
歴史のりもの博物館
歴史のりもの博物館
東京都台東区浅草1-5-3 雷門通り
浅草セントラルホテル 1Fロビー
歴史のりもの博物館は、日本の歴史上に名
をとどめた珍しい乗り物を展示しております。
江戸時代、実際に使われていた駕籠を始め
全てが 実走行可能な状態 で保存されており
ます。又、友人の精密画家 栗原大輔 氏にも
ご協力を頂き、日本の乗り物文化の軌跡を
浅草の地に残していきたいと考えております。
館長 岡 崎 屋 惣 次 郎
常設展のコーナー
権門駕籠
展示物 1
権門駕籠(江戸時代)
この駕籠は、江戸時代に実際に使われて いた物(実物)です。
権門駕籠とは、江戸時代、大名の家臣が 主君の用事で他家へ行くとき乗っていた 引き戸駕籠(乗り口に引き戸を取り付け、 身分の高い者が用いていた駕籠)の事 です。
因みに、権門駕籠は殿様の所有物であり、 家来に貸し与えられていました。
この権門駕籠は平成二十年、埼玉県 熊谷市の農家の納屋に保管して有る 物を、当博物館が譲り受け、平成二 十二年、半年間に及ぶ大改修を経て 約一世紀ぶりに日の目を見ました。
改修時、本体及び担ぎ棒は総漆塗り を施しましたが、内部はあえて手を 加えませんでした。
細部 の 写真
取 材 記 事
提供者  東京都・岡崎屋惣次郎
輪タク 福田式
展示物 2
輪タク(福田式フライドカー)
この輪タクは、敗戦直後の昭和22年頃 近江の商家で、お抱えの車として使用 されていた実物です。
大旦那肝いりの為 流しの輪タクに比べて、大変豪華な造り となっています。
この輪タク(福田式)は埼玉県にあった 福田商会が当時、福田式フライドカーと 言う商品名で販売しており、セパレート 型(トレーラー型)輪タクの原型ともなったものです。
けん引している自転車は、今は無き 関根自転車製で、製造後60年以上 経っておりますが、チェーンや歯車 など、当時のものをそのまま使用し ております。

取 材 記 事
提供者  東京都・岡崎屋惣次郎
輪タク 東京型
展示物 3
輪タク(東京型)
この輪タクは、敗戦直後の昭和23年頃 東京の街に約4000台走っていた型を 日本の業者が復元したものです。
当時は 公正車、国策車(燃料や材料が国策どお りに節約できたから)などと呼ばれ、物資 が不足していた敗戦後の日本には欠かせ ない乗り物 となっていました。
車体を白く 塗っているのは、GHQ(連合国最高司令 官総司令部)の指示によるもので、当時 占領軍兵士が日本女性とこれみよがしに 乗り回す光景は、敗戦直後らしい東京の 風俗の一つでした。
運転手は主に引き上 げ復員者で、給料は月4000円程と、 当時の一般初任給の2倍以上でした。
主に的屋などが営業を行っておりました。
当時の運賃 (昭和22年)
1時間100円
2km20円 1km増すごとに 10円増
(昭和22年当時 カレーライス 50円)

取 材 記 事
提供者  東京都・岡崎屋惣次郎
町駕籠
展示物 4
町駕籠
この駕籠は、江戸時代庶民が乗る事の出来た町駕籠(まちかご)のレプリカです。
殿様が乗る大名駕籠などに比べれば大変質素な作りです。
これらは幕府から許可を受けた駕籠屋が営業を行っており、担ぎ手は駕籠舁(かごかき)と言いました。
しかし中には、もぐり(無許可)で営業 を行い「ぼったくり」や「ゆすり」を繰 り返す「雲助」と呼ばれる、ならず者達もおりました。
峠道などの山道で使われる山駕篭に 比べて高さがある分、担いだ時の地面からの距離が短く、乗る人は、より安全に、担ぐ人は、より楽に担げる構造となっております。

細部 の 写真
提供者  東京都・岡崎屋惣次郎
明治時代 人力車
展示物 4
人力車(明治時代の木車輪)
※2007年1月より修理入り
この人力車の車輪は、明治時代に実際に使用されていた木製車輪です。
木製の輪の周りには「焼き嵌め(やきばめ)」と言う昔の職人技法で、鉄の輪 が はめ込んであります。
保存状態は極めて良好であり、現在でも東京・浅草で、時代撮影、パレードなど、現役で活躍しております。
胴体は残念ながら老朽化のため昭和に入ってから新しく復元されました。 
提供者  埼玉県・杉山久米治
展示品の募集
歴史のりもの博物館では、展示品の募集を行って
おります。ご自分のコレクションを、是非展示したい
と思われる方は、岡崎屋惣次郎迄ご一報下さい。
惣次郎メール info@okazakiya.com
歴史のりもの博物館 取材記事
※クリックで内容が読めます↓
歴史のりもの博物館イベント情報
※クリックで内容が読めます↓
歴史のりもの博物館
浅草1−5−3 雷門より徒歩1分
浅草セントラルホテル 1Fロビー
観覧無料 TEL 090−3098−9092
歴史のりもの博物館 地図
岡 崎 屋 惣 次 郎
株式会社 岡崎屋プロダクション
〒111-0034 東京都台東区雷門 2丁目 9-2
TEL:0120-846-874 TEL:090-3098-9092
FAX:03-5828-2206  info@okazakiya.com
HOME